オール電化住宅に欠かせない存在!?エコキュートの雑学について分かりやすくご紹介

こちらのサイトは、これからオール電化住宅を検討されている人に電気温水器でもあるエコキュートの雑学を分かりやすくご紹介しています。
エネルギーを一つにまとめることで基本料金が1つになる、経済的な光熱費になるなどの魅力があるけれども、寒い季節になると凍結することもあるのでそれの予防法や追い炊きや高温たし湯機能などにも触れています。
全ての機種に高温たし湯や追い炊き機能が付いているのか、このような疑問も解決できます。

オール電化住宅に欠かせない存在!?エコキュートの雑学について分かりやすくご紹介

エコキュートは空気に含まれる熱を集めて、それを使って水を温める機能と温めた温水を蓄えておくためのタンクなどで構成されているオール電化住宅に欠かすことができない存在です。
電気温水器に位置づけされているエコキューは、その名の通りエコな設備機器であり電気は使うけれども深夜の電気を使うので電気代を抑える効果を期待することができますし、火を使わないので空気が汚れないなどのメリットもあるなどエコキュートへの注目が集まっています。

寒い朝に注意!エコキュートが凍結してしまう原因とは?

エコキュートは、夜間の電力を利用してお湯を沸かしてタンクにためておく仕組みを持つ電気給湯機です。
夏時期などでは問題はないけれども、冬になって寒さが厳しくなると温水が出なくなることもありますしエラー表示になることも少なくありません。
温水が出なくなるエラー表示になる原因の多くは、エコキュートと浴槽を繋いでいる配管の凍結です。
このようなトラブルを回避するためにも予防策を把握することが大切です。
エコキュートでは、室外に設置された装置でお湯を沸かしてためる仕組みで必要なときに給水・給湯の配管を使って室内に供給しています。
部屋の中と屋外を繋いでいる配管は気温の影響を直接受けることになるので、真冬の早朝など急激な気温の低下が影響を与えることになる氷点下になったり、これが続くことで配管が凍結する可能性が高めです。
凍り付いてしまうとそれが溶けるまでの間は使えなくなるなど、そのための対処法を把握することが重要です。

エコキュートが凍結してエラー表示になったときの対処法

エコキュートが凍結するのは真冬の寒いとき、氷点下になったり連続して氷点下の日が続くなどの場合は運転に支障をきたすことになります。
ヒートポンプユニットを使って水道水を温めてタンクにためるとき、水道管とからヒートポンプユニット、ここからタンクの間には配管があって屋外に設置されています。
風などが当たると配管は金属製の素材になっているので余計に冷えてしまい、内部を流れる水もしくはお湯が凍結するリスクも高くなります。
エコキュートは配管が凍結したときにエラー表示になることがあるのですが、このような表示を目にしたときには最初に漏電遮断器(漏電ブレーカー)をオフにします。
漏電遮断器は漏電による漏れ電流を検出して回路を自動的に遮断する機能を持ちますが、配電盤などの配線用遮断器が過負荷もしくは短絡による過電流から回路を保護する役割を持つのに対し、エコキュートの機能としては地絡での感電防止などの目的で回路に設けられているもので、この機能を使うことでエラー表示を解除できます。

エコキュートが凍結したとき配管部分にぬるま湯をかける

エコキュートは真冬の寒い朝など凍結して給湯ができなくなることがありますが、凍結するとコントローラー部分にエラー表示になって知らせてくれる機能が備わっています。
電源のオフオンで解決できることもあるのですが、配管が凍結したことでエラーになっている場合は最初に漏電遮断器をオフにしてから約1分間そのまま放置、その後遮断機をオンにすることで通常表示に戻ります。
ただ、この方法は表示を通常のものにする効果はあるけれども、凍結そのものを解決できるわけではありません。
凍り付いたものを解決するための方法として有力なやり方は、エコキュートの配管にぬるま湯をかける方法です。
急いで凍結を解除したいときに有効な方法ですが、このとき注意すべき点は熱湯を使わない点です。
熱湯を使うと急激な温度差により配管部分が破損する恐れがあるので、配管にタオルをかけるなどして少しずつぬるま湯を注ぎながらゆっくり溶かすイメージで行うのがおすすめのやり方です。

浴槽にお湯や水を残しておけばエコキュートの凍結予防に効果的

エコキュートの凍結は寒冷地に起こりやすい現象ではありますが、温暖な地域でも氷点下を下回ることもあるので起こりえる現象です。
そのため予防方法を把握しておくことは、寒いときでもエコキュートを使えるメリットへと繋げることができるのではないでしょうか。
一般的に、凍結は太陽があがり気温が上昇すれば解消されるので時間的に余裕がある場合は自然解凍を待つのが良いのですが、寒冷地など自然解凍が難しい地域やなるべく早いタイミングでお湯を使いたいときなどはフルオート機能が備わっているエコキュートが便利です。
フルオート機能が装備されている製品のときには、浴槽にお湯を残しておくのがコツです。
このとき、水位は循環口の中心から10センチ以上のところになるよう残しておくことがポイントです。
これにより、凍結予防のための運転が自動的に行われるようになるのでお湯を供給できなくなるなどトラブルを回避することが可能です。
夏場は直ぐにお湯を抜いても良いけれども冬になったら浴槽に残し、これを家族で実行できるよう決めておきましょう。

エコキュートに関する情報サイト
エコキュートの雑学

こちらのサイトは、これからオール電化住宅を検討されている人に電気温水器でもあるエコキュートの雑学を分かりやすくご紹介しています。エネルギーを一つにまとめることで基本料金が1つになる、経済的な光熱費になるなどの魅力があるけれども、寒い季節になると凍結することもあるのでそれの予防法や追い炊きや高温たし湯機能などにも触れています。全ての機種に高温たし湯や追い炊き機能が付いているのか、このような疑問も解決できます。

Search